2016.12.29 (thu)

ミラノのスカラ座で「蝶蝶夫人」を観る

12月7日のドォウモ広場は、巨大なクリスマス・ツリーのライトアップ、ライブコンサート及びイルミネーションのバタフライ・ダンサーのパーフォマンスを観る人々で賑わっていた。

ドォウモ広場の歴史ある建物は、12/1~12/24の期間、音楽のアドベントカレンダーに使われ、12月1日は窓1つに1人のミュージシャンが演奏、24日のクリスマス・イブは、全ての窓にミュージシャンが現れて、30分のコンサートの素晴らしいイベントが観られた。

同じ7日に、イタリアの150周年記念を祝って、スカラ座にて、ジャコモ・プッチーニ作品「蝶蝶夫人」の初日。イタリアの公共放送局 RAI のテレビ生放送をエンジョイすることもできた。「蝶蝶夫人」は、イタリア人にとって、大変人気なオペラのため、切符は売り切れ状況。築城則子さんと列に並び、ギャラリー席を確保することができて、素晴らしい舞台を観ることができた。

YouTube : RAI イタリアの公共放送局のビデオ

その他も、ミラノ中に、「蝶蝶夫人」テーマのイベントが多くて、リナシェンテ・デパートのショーウインドーには、奇麗で興味深いディスプレイ。頭にヘッドフォンをつけて、レトロスタイルの白黒テレビを観る着物姿のマネキンが飾られている。

Kyoko
Milano, December 27, 2016

IMG_8293

IMG_8141
巨大クリスマスツリーのライトアップ

IMG_8139
バタフライ・ダンサー

IMG_8154

IMG_8268
音楽のアドベントカレンダー

IMG_8127
スカラ座の12月プログラム

IMG_8126
12月7日:蝶蝶夫人の初日

IMG_8120

IMG_8114
リナシェンテ・デパートのショーウインドー

IMG_8123

IMG_8122

IMG_8119

IMG_8117

IMG_8276

IMG_8279_2

IMG_8273

IMG_8271_2

  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。