2014.07.01 (tue)

日本の伝統:包装の美

日本には非常に独特なラッピングの文化があり、
食品を葉で包んだり、紙や布など様々な素材を使って包みます。
折り紙(紙折りの技術)は世界中から人気があり、
アパレルやアーキテクチャを設計する際に用いられています。
折り紙はもともと「origata」から生まれたもので、これが発展し
現代の「包む」文化となったそうです。

小倉のSHIMA-SHIMAのショップを訪れた際に、
スタッフが日本独特の包装を実演してくださいました。
贈物の包装の文化は、15世紀頃、
貴族や武家が使用された「折形」とよばれています。
受ける方を敬して、実際の贈り物と同様に包装が重要であると考えられていました。

小倉訪問中、小倉城庭園の展示室で、
「水引」の展示をみました。
西洋では、リボンでプレゼントを飾りますが、
日本では、行事に相応しい形の「水引」が使用されてきました。

SHIMA-SHIMA製品にも、「折る」を取り入れています。
「ステラバッグ」はその一例です。
下の三角の形は、生地を折ってつくられています。
「縞縞」の風呂敷のシリーズは、様々な使い方があり、
スカーフとして使ったり、ベルトの付属品をつけて簡単なトートバックをつくることも素敵です。

折形の画像
折形
origata

折形の講座

http://www.yamane-origata.com/?page_id=64

水引の画像
水引② (1)
水引② (2)
mizuhiki

折紙の画像
Cranes_made_by_Origami_paper
origami

Kyoko
Milano, June 29, 2014

engimono-600x387-1

75577791
ステラバッグ

DSCF0023
DSCF0026
DSCF0027
DSCF0028
DSCF0029
DSCF0030
DSCF0031
DSCF0032
DSCF0033
DSCF0034

  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。