2013.02.12 (tue)

針供養に行ってきました

2月8日。

門司にある「淡島神社」にて、針供養を行いました。

針供養(針祭)は、本殿にて祓いを受けた後 針塚に納め、塩をかけ土にかえすことで
針の労を労い、今後の上達を祈る祭りです。

縞縞で活躍してくれた針と、今回はミラノでのワークショップで活躍した針を
一緒に納めてきました。

ちょうど雪が降った日で、より神聖な雰囲気でした。

縞縞がこれからも世界中で活躍できるように、針に‘ありがとう’の気持ちを込めて
お祈りしました。

2013.02.12 (tue)

【お知らせ】雑誌 東洋経済 別冊「北九州の主張」に掲載されました

雑誌 東洋経済 別冊 「北九州の主張」 に縞縞のテキスタイルデザイナーであり
染織家・築城則子へのインタビューと小倉織・縞縞が掲載されました。

掲載ページは、”第4章 「文化を育む」環境をつくる” 特集の中の P80-81 「工芸アート」部門です。
築城則子にとっての小倉織の魅力も語られています。
ぜひご覧くださいませ。

 

2013.02.09 (sat)

【お知らせ】オンラインショップで生地のカット販売を始めました

丈夫でしなやかな小倉織の生地。

大手町本店のみのお取り扱いでしたが、この度オンラインショップでも
生地のカット販売がスタート致しました。

只今オンラインショップ限定キャンペーンも実施中です。

ぜひご覧くださいませ。

→オンラインショップはこちら

2012.12.25 (tue)

【お知らせ】メゾンオブジェ2013 出展のお知らせ

「静寂の音色  The Sound of Silence」

経済産業省のJAPAN BRAND に採択された小倉織がパリのMaison & Objetにデビューして
以来、今年で5回目の出展になります。
国内はもとより、ジャパンブランドとしての海外活動では、多くの国の様々なジャンルの方々から
思いもかけない興味の持ち方をしていただき、この布の力と可能性を実感しているところです。

2013年の展示会では新しく3種の縞縞をご覧いただく準備ができました。
小倉織本来の丈夫さを備え、かつダイナミックなデザインで、更に進化を続けている小倉織,
「縞縞」、「縞縞リヴ」と共に、どうぞ見て、触って、是非このユニークな布の魅力を
ご堪能ください。

会期:2013年1月18日~22日

会場:HALL7 scènce d’intérieur D133

(今年はブースが移動しておりますのでご注意ください)

2012.12.02 (sun)

福岡県文化賞贈呈式にて

昨日、小倉織の復元者でもあり、縞縞のテキスタイルデザイナーでもある
染織家 築城則子が福岡県文化賞を受賞し、表彰式が行われました。
 
 「縞の無限だと信じ、縞という制約のあるデザインの中でより自由でいたい。」と築城則子氏。

―福岡県文化賞 創造部門―
個性的・創造的な文化活動を行い、優れた業績を残し、県民文化の向上・発展に貢献したもの

 

2012.11.29 (thu)

縞縞の現場

縞縞の布は、ここ福岡県で織られています。

小倉織は一度、昭和初期に途絶えてしまった時期があるため小倉の地には機屋がなくなってしまいました。
しかし、福岡県にはいい織物の産地があり、糸を先染めして複雑な縞柄を高密度で織ることができ
る素晴らしい工場と職人さんに出会ったことで「縞縞」は生まれました。

彼らの確かな技術力と新しい織物へのチャレンジ精神なくしてはできなかった事なのです。

工場ではクオリティーの高い小倉織をキープするために、間違いのない糸選びから
最終の仕上げ加工までより上質な小倉織「縞縞」を目指してくれています。

この織物工場と出会いは初め小倉織「霜降り」の布の復元からです。
その後、「縞縞」の企画も初めから一緒に取り組んでいただき5年たちました。

用途に応じた布づくりの為の新たな小倉織プロジェクトにも常に可能性を探り、
縞縞チームとして協力、挑戦してくれています。

機械で織りますが、使うのはやはり技術を持って機械を操る人の手だと痛感します。
密度のある小倉織は糸切れ等で機械が止まることがよくあり、
その時は途方もない数量の経糸の中から
切れた糸を探し出し、糸つなぎを手作業で行います。

手慣れた手つきで、しかし丁寧に、1本1本を糸つなぎする人の手こそが、
無くてはならない縞縞のモノ作りだと感じます。  

2012.11.20 (tue)

【お知らせ】染織家 築城則子 福岡県文化賞贈呈式&記念イベント

先日ご案内しました<築城則子 福岡県文化賞受賞>の贈呈式と記念イベントが開催されます。

◆とき 平成24年12月1日(土)13:00~ (開場12:30)
◆ところ アクロス福岡シンフォニーホール
◆第一部 贈呈式 / 第二部 記念イベント(受賞者3名によるトークイベント、南紫音ヴァイオリンコンサート)
◆入場無料(要入場整理券・先着1200名様)
◆お申込み・お問い合わせ TEL092-643-3382 http://www.shinsei.elg-front.jp/fukuoka/navi/pref/

ぜひ、ご参加くださいませ。


2012.11.19 (mon)

雑誌掲載のお知らせ

インテリア雑誌 ”コンフォルト”の12月号(2012.12.1発行)に

「NUNO」と「小倉織 縞縞」の両方が特集の一部に掲載されております。

テーマは「空気を変えるファブリックス」。

そのほか特集されている生地はどれも魅力的で読みごたえのある一冊です。

NUNOの須藤玲子さんや小倉織 縞縞のデザイナー築城則子のコメントも掲載しております。

現在発売中ですので皆様、ぜひ一度ご覧になられてください。

コンフォルトNUNO

コンフォルト縞縞

35 / 36« 先頭...1020...3233343536
  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。