2017.09.14 (thu)

【 横浜髙島屋のイベント本日から! 】

先日もお伝えしておりました、横浜髙島屋の「民藝展」、ついに本日からスタートです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

以下、9月6日の掲載内容の再度ご案内です。

民芸と深く関わってきた髙島屋ならではの、熱気溢れる「民藝展」。日本橋の次は、9月13日(水)から横浜髙島屋にて開催されます。

「今、欲しいもの、ここにあり。」の言葉の通り、全国の暮らしの中で生きる名品が一堂に会するほか、民藝運動のフィルムアーカイブ映像公開や、民芸の魅力を感じられるワークショップなど、心ときめく内容が盛りだくさん。

「現代の手仕事」として、小倉 縞縞の品も7階暮らしステージにて展示販売を致します。
徳川家康も愛用した、木綿とは思えぬしなやかな質感、多用した経糸による立体感あふれるたて縞の美しさを、ぜひご体感ください。

ウェア、バッグ、雑貨などをご用意してお待ちしております。

◆とき:2017年9月13日(水)~9月19日(火) ※最終日は17:00閉場
◆ところ:横浜髙島屋7階暮らしステージ

横浜髙島屋 小倉織 縞縞イベント

2017.09.04 (mon)

【 婦人画報のノベルティに 】

ハースト刊行 婦人画報10月号(2017年9月1日発売)から掲載の、年間購読者向けノベルティに小倉 縞縞のマルチケースが選ばれました。
こちらは婦人画報様用のオリジナル商品でございますので、ご希望の方はぜひ年間購読をご利用ください。

https://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho/issue/2017-10

ハースト刊行 婦人画報10月号(2017年9月1日発売)

2017.09.01 (fri)

【 今月の縞 九月(長月)】

今月の縞 九月(長月)#44「夜」
#44「夜」Night

「夜に潜む色たちは、魑魅魍魎が隠れて見ているかの如く、現れては消えて、夜を楽しませてくれます。藍色、深緑色、紫色など、大きなうねりにして、夜の空気を感じていただきたいです。」-デザイン監修・築城 則子

灼熱の季節を終え、ひんやりした夜気を感じる頃。闇は本来の濃さを取り戻し、わずかな月光の下、目を凝らすとき、景色はまるで異世界のように、私たちの前に現れて来ます。九月の《今月の縞》は#44「夜」。夜の帳(とばり)がゆらめくような、藍から黒への大らかなリズムは、原始私たちが身を置いていたであろう夜闇の安堵感を思い出させるようです。

今月の縞 九月(長月)#44「夜」

縞縞の縞#44「夜」のページはこちら

#44 「夜」商品

縞縞オンラインショップはこちら

2017.08.27 (sun)

【 イベント情報 】

秋らしく模様替えされた街中のウィンドウや百貨店のディスプレイが、季節ごとの楽しみへと誘ってくれますね。

8月30日(水)から日本橋髙島屋7階クロスロード7にて小倉 縞縞の展示販売を致します。

今回のイベントは「用の美とこころ 民藝展」での出展になるわけですが、髙島屋と民芸の関わりの歴史は100年近く前にまで遡ります。

柳宗悦らの民芸運動から1936年に日本民藝館が設立されました。当初から髙島屋は民芸の普及を応援しており、その経緯を受けて、今回の「民藝展」開催の運びとなったそうです。

その一環として、7階リビングフロアでは「現代の民芸」として全国の作家や工房が手掛けた名品を紹介。小倉縞縞もクロスロード7での展示販売となりました。

小倉織の伝統工芸の技を活かしつつ、現代に調和するモダンで粋な縞縞のデザインとその生地の風合いを、ぜひ目で、肌で、感じてください。
ウェア、バッグ、雑貨などをご用意してお待ちしております。

◆とき:2017年8月30日~9月5日 ※最終日は午後4時閉場
◆ところ:日本橋髙島屋7階クロスロード7

小倉織 縞縞 D-Bag

小倉織 縞縞 大風呂敷

小倉織 縞縞 テーブルランナー・ランチョンマット

小倉織 縞縞 Cシリーズ長財布・コインケース・カード名刺入れ・カード入れ

2017.08.24 (thu)

【 ネットショッピングが便利に! 】

縞縞オンラインショップで、Amazonpayのお支払いがご利用頂けるようになりました。

Amazonのアカウントをお持ちであれば、Amazonにご登録のご住所・クレジットカード情報を利用して簡単・スピーディーにご注文・お支払いができる決済サービスです。

この機会に便利なオンラインショップをどうぞご利用ください。
全商品・全国どこでも配送無料のキャンペーンも8月30日までと残り期間わずかです!

縞縞オンラインショップはこちらから

縞縞オンラインショップの画面イメージ

2017.08.24 (thu)

【 小倉織 秋の生地特集 】

かの徳川家康も愛用した、丈夫でしなやかな質感の木綿布「小倉織」。
伝統ある小倉織の特徴を継承し、丈夫で美しいたて縞を活かしながら、新しい時代の「小倉織」として誕生したのが「小倉 縞縞 KOKURA SHIMA SHIMA」です。

もっと多くの皆様に、この生地の魅力を知って頂きたいと、このたび縞縞オンラインショップでは生地特集を開催いたします。

お洋服やバッグなどのハンドメイドに・・・額装を施しアートとして飾ったり・・・
この秋、小倉織の魅力を五感で楽しんでみませんか。

小倉 縞縞 秋の生地特集ページはこちら

小倉織縞縞#81「水紫」生地
小倉 縞縞#81「水紫」

小倉織縞縞#68「紫流」生地
小倉 縞縞#68「紫流」

小倉織縞縞#87「地流」生地
小倉 縞縞#87「地流」

小倉織縞縞#88「翠流」生地
小倉 縞縞#88「翠流」

2017.08.23 (wed)

【 メディア掲載情報 】

先日8月19日発売の「美しいキモノ」秋号にて小倉織が紹介されました。
小倉 縞縞デザイン監修・築城則子氏の「縞」の世界を中心に、北橋北九州市長が紹介する北九州の魅力など、全12ページにわたり、小倉織と北九州の魅力がたっぷりと詰まった充実の内容です。

写真は市長のインタビューが行われた際のもの。小倉織の袴がお似合いでした!

ぜひ書店でお求めになり、ご覧くださいませ。

「美しいキモノ」秋号特集 築城則子の「縞」の世界

「美しいキモノ」秋号表紙

北橋北九州市長取材風景

2017.08.21 (mon)

【 秋色の縞を足元に 】

朝晩には虫の声が届く頃になりましたが、まだまだ日中の暑さは続いていますね。

秋にふさわしい縞柄を配した、モダンな下駄はいかがでしょうか。

「日本一はき心地の良いげたづくり」を目指すみずとりのげた(mizutori)とのコラボレーションは、日常に溶け込むサンダル感覚の下駄で、小倉織の縞をお楽しみいただけます。

本店、井筒屋店、オンラインショップにてご用意しております。

商品はこちらからご覧いただけます。
小倉織 縞縞×みずとりのげた商品ページ

みずとりのげた(mizutori)ハミング着用イメージ

小倉織 縞縞 水鳥下駄ハミング#68紫流

小倉織 縞縞 水鳥下駄ハミング#41宵の水

1 / 3412345...102030...最後 »
  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。