FAQ
  • Q. 小倉織の特徴って何ですか?
  • A. 他の綿織物と比べ、細い綿糸を約3倍、経糸に多用するので、地厚で丈夫です。しかも生地に光沢がでて、とても滑らかな質感となります。(シルクのような光沢感)
    経糸が多い為に、緯糸が見えず、たて縞の表現になり、色の濃淡が自然な諧調となって表現につながります。
    また、長年使用すると、なめし革の様な質感になると言われ、使っていくほど光沢がでて、布が独特の質感へ変化します。
  • Q. 伝統的な柄ってありますか?
  • A. 昔の小倉織は、男性が着用する袴が中心だった為、黒系や茶系、藍などの色のシンプル縞でした。しかし縞縞は昔の柄をそのまま再現するのではなく、赤、黄、グリーンなどの様々な色糸を使用し、今のライフスタイルに合った現代の小倉織としてデザインしています。
  • Q. 手織りと機械織の違いって何ですか?
  • A. 手織りの場合は帯(35㎝)、袴(41㎝)などの幅ですが、機械機(きかいばた)では140㎝巾で織れることに成功した為、インテリアや風呂敷など様々な用途で日常生活に合った商品を提案できるようになりました。
  • Q. 生地売りはしていますか?
  • A. はい。現在、縞縞本店オンラインショップにて販売しています。
    1m以上10㎝単位で販売。BAG、小物、インテリアなど様々な用途で使えます。
  • Q. 結婚式の引き出物に使いたいのですが、どんな方法で注文したらよいですか?
  • A. 縞縞本店へお問い合わせ下さい。(→お問い合わせフォーム
    定番のアイテムだけでなく、ご予算に応じたセット商品やオリジナルの商品もご提案させていただきます。
  • Q. 縞縞(SHIMA-SHIMA)と縞縞リヴ(SHIMA-SHIMA LIV)の違いって何ですか?
  • A. 2012年SHIMA-SHIMA LIVという新素材を製作し、糸の太さを太くしたことで、小倉織本来の丈夫さとダイナミックなデザインを実現できました。
    LIVは厚地な為、インテリア用の生地に向いています。
    SHIMA-SHIMAは比較的なめらかな為、風呂敷や小物類はもちろん多目的に使える布です。
  • Q.北九州以外で見たり買ったり出来る所はありますか?
  • A. こちらに取り扱い店舗の一覧を記載しております。
    毎年、様々な地域で縞縞イベントを開催しております。イベントの際はたくさんの商品を展開しております。
    本サイトのイベント情報ページ、もしくは縞縞フェイスブックページにて「いいね!」登録をしていただければ、イベントのお知らせをいたします。
  • Q. 小倉織は昔、袴や帯で使われていましたが、洋服にもなるのでしょうか?
  • A. はい。丈夫であり肌になじみやすい生地の為、パンツやジャケット等洋服には最適です。
    縞縞本店ではお好きな縞柄を選んでいただきイージーオーダーにも対応しております。
  • Q. 小倉織はホームページに掲載されている商品アイテム以外のものもありますか。
  • A. はい、あります。他のアイテムをご覧いただくには、下記問い合わせフォームからメールを送信して下さい。
    →お問い合わせフォーム
  • Q. カーテンのオーダーはできるのですか?
  • A. 縞縞本店でカーテンのオーダー対応をしています。その他にものれん、タペストリー、クッションや座布団など、ご希望のサイズでおつくり致します。