2017.12.01 (fri)

【 メディア掲載情報 】

本日12月1日発売の「婦人画報」1月号「着信!」のコーナーにて、小倉 縞縞の年末年始にも活躍する風呂敷と、お出かけやお稽古事が楽しくなるモダンなステラバッグが紹介されました。

「着信!」の見出しに掲げられたYou’ve got a good News!の素敵なフレーズ、新年号らしい白赤金で彩られた紙面デザイン、選び抜かれたトピックスや写真など、どこを見ても心踊る一冊。歴史ある雑誌に掲載頂き、とても光栄です。

「婦人画報」のWEBサイトには「婦人画報は創刊113周年。新たな飛躍を目指します!」の文字が。
小倉 縞縞も、2018年、さらなる飛躍を目指したいと思います。

ぜひ、書店でお求めの上、ご覧くださいませ。

2018年12月1日発売「婦人画報 」1月号

2018年12月1日発売「婦人画報 」1月号

2017.12.01 (fri)

【 第2回縞縞ハンドメイドコンテスト受賞作品発表! 】

100を超える作品が集まった「第2回縞縞ハンドメイドコンテスト」。
グランプリをはじめとする各賞の発表の日が、ついにやってまいりました!

今年は、以下の7作品が受賞となりました。受賞の皆様、おめでとうございます。

<本店部門>
▼グランプリ(縞縞によって選ばれた賞です)
エントリーNo.65 「六角形バッグ」
作品へのコメント・・・
「ストレートなたて縞である小倉織を、六角形で表現する事によって、より立体感のある新しいデザインを生み出している。多目的に使えそうなバッグのサイズでもあり、デザイン性、機能性を両方兼ね備えた総合的に優れた作品。」

ハンドメイドコンテスト2017グランプリ

▼築城 則子賞(縞縞デザイン監修・築城 則子氏によって選ばれた賞です)
エントリーNo.8 「流れる縞の箱」
作品へのコメント・・・
「縞の動きを熟知したかのような構成美で、思いっきりの良いデザイン。
技術的には外側も内部もきちんと貼れていて緊張感があり、秀作です。」

ハンドメイドコンテスト2017築城則子賞

▼クリエイター賞(縞縞プロダクトも手掛ける建築家・デザイナーYang Hen Chen氏によって選ばれた賞です)
エントリーNo.14 「ふわふわポーチ」
作品へのコメント・・・
「小倉織の特徴はたて縞であるが、そのたて縞のピッチや色彩を理解した上で選ばれた柄と作品のデザインが大変マッチしておりバランスがとても良い。」

ハンドメイドコンテスト2017クリエイター賞

▼カスタマー賞(お客様の投票によって選ばれた賞です)
エントリーNo.91 「縞縞つきはぎ2Wayバッグ」
作品へのコメント・・・
「色合いが明るくて、気持ちが弾みます。」
「配色もよいし皮使いがすばらしい、使い勝手がよさそう。」
「ハギレをうまく使ったリュックになっています。」
「皮の色と布の模様があって、よかったです。」

handmade2017-customeraward

▼ユニーク賞(縞縞によって選ばれた賞です)
エントリーNo.95 「ストール」
作品へのコメント・・・
「無地のストールに点在する縞のチップという、今までの縞の見せ方とは異なる表現の新しさ。
ハギレという小さな存在を、より魅力的に感じさせる、驚きのある作品。」

ハンドメイドコンテスト2017ユニーク賞

▼ユニーク賞(縞縞によって選ばれた賞です)
エントリーNo.97 「小倉縞(しめ)縄」
作品へのコメント・・・
「従来のしめ縄にはないストライプの表現が、モダンな雰囲気を醸し出している。
個性の異なる縞を、配色、配置のバランスで美しくまとめている構成力も素晴らしい。
ありそうでなかったテーマも秀逸。」

ハンドメイドコンテスト2017ユニーク賞

<WEB部門>
▼カスタマー賞(お客様の投票によって選ばれた賞です)
エントリーNo.W1 「キーオウ」
作品へのコメント・・・
「小倉織のシックなイメージを塗り替える感じがした。」
「孔雀など動物が付いていて、遊び心があるのがよいと思いました。」
「華やかで魅力的です!」

ハンドメイドコンテスト2017カスタマー賞

今年は、作品数が増えたこともありますが、個性溢れる作品、クオリティの高い作品などが本当に多く、投票にお越しのお客様も、スタッフも、選出には本当に悩み抜くこととなりました。

それほど、どの作品も素晴らしく、ご来店いただけないお客様に、全てをご紹介できないのがとても残念です。

各受賞作品は、本日12月1日(金)〜12月10日(日)まで本店にて再展示させていただきますので、ぜひ今一度ゆっくりと作品をご覧になってみてください。

受賞作以外の作品は、12月2日(土)以降、作品のご返却並びに参加賞のお渡しを行ってまいります。

今年もコンテスト会期中に、
ご応募頂いた方の作品に込めた想いや、縞縞への愛情、また手を動かして何かを作ることの豊かさや楽しさといったことを感じる、たくさんの出会いを頂きました。

今後も、多くの皆様に楽しんで頂けるイベントを考えていきたいと思いますので、ぜひ応援宜しくお願い致します。

今年も、時間をかけて作り上げた大切な作品をご応募いただきました参加者の皆様、展示・投票にお越しいただきました皆様、コンテストに関わってくださった全ての皆様、本当にありがとうございました!

2017.11.30 (thu)

【 走る日本市 小倉織トートバッグ 】

「ここでしか買えないお土産」が大集合!「走る日本市」プロジェクト 2017年として、JR西日本 山陽新幹線車内で販売されております「小倉織トートバッグ」、もうご覧になられましたか?

サイズはW330mm×H380mm、生地の一枚仕立てで畳めるトートバッグは、旅先で荷物が増えた時に活躍しそうで、出張の多いスタッフにも好評です!

#79「藍輪舞」と#82「藍輝く」、2つの異なる「藍」の表情も実物でぜひ見比べてみてくださいね。

<走る日本市>
公式Facebook
https://www.facebook.com/hashiru.nipponichi/

走る日本市 小倉織トートバッグ

走る日本市 小倉織トートバッグ

2017.11.29 (wed)

【 ハンドメイドコンテスト結果発表間近! 】

皆さま、お待ちかねの結果発表は12月1日と間もなくです!
本店部門、WEB部門合わせ、100を超える作品の中から選ばれたのはどの作品でしょうか。

今しばらく、楽しみにお待ちください!

ハンドメイドコンテスト展示の様子

ハンドメイドコンテスト展示の様子

2017.11.28 (tue)

ミラノ、Pirelli HangarBicocca, 2017年11月28日

ピレリ・ハンガービコッカの面積は、15,000平方メートルで、ヨーロッパ最大の展示スペースのひとつです。 2004年に設立され、現代美術を推進することに専念しています。 Anselm Kieferの常設作品”The Seven Heavenly Palaces”、それからイタリアや国際的なアーティストによる個展も展示されています。

11月にはLucio Fontanaによるネオン作品の展示、「Take Me(I’m Yours)」というインターアクティブな展示もありました。見にきた人々が、作品に触れたり。ものを追加したり、取り除いたり、変えてしまったりすることがアートとなる展示会でした。

ハンガービコッカは、ミラノの中心から離れていますが交通の便は良いです。 居心地の良いカフェ、子供向けのプログラム、コンサートや公演のためのスペース、本屋などがあります。 非営利団体で、スペースや展示会への入場は無料です。

サイト:

http://www.hangarbicocca.org/en/

Lucio Fontana ~ 2018年2月25日 まで

http://www.hangarbicocca.org/en/exhibition/lucio-fontana-environments/

“Take Me (I’m Yours)” ~ 2018年1月14日 まで

http://www.hangarbicocca.org/en/exhibition/take-me-im-yours/

住所
Pirelli HangarBicocca
Via Chiese 2
20126 Milano
tel: 02 6611 1573

Monday to Wednesday: closed
Thursday to Sunday: 10am–10pm

Kyoko
Milano, November 28, 2017

IMG_0859_2

IMG_0858_3

IMG_0862_2
OSGEMEOS

IMG_0902_2
The Seven Heavenly Palaces, by Anselm Kiefer

IMG_0888_2
Lucio Fontana

IMG_0880_3
Lucio Fontana

IMG_0873_2
Lucio Fontana

IMG_0866_2
Lucio Fontana

IMG_0865_2
“Take Me (I’m Yours)”

IMG_0874_2

2017.11.23 (thu)

【 縞縞の風呂敷 】

十一月もあとわずか。一日ごとに寒さが厳しくなるようですね。

今年一年お世話になった方へのご挨拶まわりに・・・
冬のお部屋を彩るインテリアに・・・
冬休みのご旅行の相棒に・・・

丈夫でモダンな小倉織の風呂敷をどうぞ。

忙しい年末も、ちょっと気持ちが豊かになる。そんな気がするお気に入りの一枚を見つけてみませんか。
縞縞オンラインショップでは風呂敷特集ページをご用意しております。

風呂敷特集ページはこちらから

小倉織 風呂敷
#41「宵の水」六八風呂敷

2017.11.20 (mon)

【ハンドメイドコンテスト投票・展示 終了致しました】

「第二回 縞縞ハンドメイドコンテスト」の投票と展示が、19日をもって終了致しました。

大盛況だった昨年よりも更に多くのご応募を頂き、4日間という短い期間でしたが、皆様の縞縞への愛が溢れる素敵な空間となりました。
大変多くの皆様にご来店・ご投票頂き、誠に有難うございます。
皆様と沢山のお話しをさせて頂き、縞縞スタッフも一緒にコンテストを楽しませて頂きましたこと、本当に嬉しく感謝致しております。

丁寧に作られた美しい作品、個性の光る作品など、思いのこもった作品ばかりでしたので、投票作品を選ぶのに皆様とても苦労しておられましたが、楽しい時間をお過ごし頂けましたら何よりです。

各賞の発表は、12月1日の9時を予定しております。
発表までもうしばらくの間、楽しみにお待ち下さいませ。

20171120

2017.11.17 (fri)

ミラノ、”VIALEdeiMILLE” : 2017年11月15日

11月15日に、小倉クリエーションが以前協力した「VIALEdeiMILLE・ヴィアーレデイミーレ」にて、楽しいイベントが行われました。 このグループは、ミラノ市管理刑務所の受刑者が刑務所にいる間に働き、社会復帰時のより良い未来のため訓練させる組織です。 「VIALE dei MILLE」のショールームで販売されるもの全ては、地元の刑務所で作られたものです。

企画者Betty PonzoneとFederica Della Casaの「Borseggi ボルセッジ・ハンドバッグ・ブランド」のため、小倉クリエーションが、布を寄贈しました。 写真には、Borseggiブランドだけでなく、ホリデーシーズンに向けて製作された他のブランドや製品が写っています。 赤い縞縞のカバーのソファは、スウェーデンのIOU組織のプロジェクトです。

ショールーム内のパン屋では、月曜日から土曜日まで焼きたてのパンが売られ、その他、チョコレート、ワイン、パネトーン等もありました。

先日のイベントは大成功で賑わっていました。ミラノ市が “VIALEdeiMILLE”にて、社会復帰に力を入れて、支持していることは素晴らしいことです。

ショールームの住所
Corsorzio VIALEdeiMILLE MILANO
Viale dei Mille 1, 20129 Milano
tel: 02-36576080

Kyoko
Milano, November 17, 2017

IMG_0981

IMG_0976
センター: Borseggi の企画者 Betty Ponzone

IMG_0972
縞縞カバーのソファ:IOU Swedenのプロジェクト

IMG_0157_2
縞縞のポシェット

IMG_0971

IMG_0956

IMG_0955

IMG_0949

IMG_0947

IMG_0948

IMG_0979

IMG_0938

  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。