2016.12.19 (mon)

【 今月の縞 十二月(師走)】

61_montly_shima_key
#61 「白多彩2014」しろたさい2014 Feast of Colors on White

「白い世界にそれぞれの色が舞うような、自由で楽しい空気を醸し出せたらと、細い縞に託しました。チェリービーンズに見られる、外国のお菓子独特のパステルカラーをひとつまみ味わってほしいです。」ーデザイン監修・築城 則子

どんなに寒くても、雪の気配を感じると、子供たちは外へと飛び出していきます。十二月の《今月の縞》は#61「白多彩2014」。無垢な白の世界で、愛すべき色たちが並ぶ様子は、雪の中で戯れる子供たちを思わせます。見ているだけで思わず微笑んでしまう、無邪気な喜びに満ちた縞ではないでしょうか。

201612monthly_shima_key_03

2016.11.19 (sat)

【今月の縞 十一月(霜月)】

41_monthly-shima_key2
#41 「宵の水」よいのみず Water-Flowers-in-the-Evening

「工房の近くに山水が流れる小川や細い溝のような場所がたくさんあります。普通の時と雨が降った後では、驚くほど表情が変わって、水の動きを楽しませてくれます。殊に宵闇の中で月光を浴びて流れる水は艶やかです。」-デザイン監修・築城 則子

日本の四季の移り変わりは、ときに劇的なもの。秋の紅葉も、その一つではないでしょうか。十一月の《今月の縞》#41「宵の水」(よいのみず)は、そんな劇的な景色が訪れる前の、静かに暮れゆく秋のようです。無彩のようでいて、どこか郷愁を感じさせる茶とグレーの柔らかなリズムは、宵闇を待つ木立や、晩秋の小雨を思わせます。厳しい冬の前に、しばし心を解いてくれる、そのような縞に感じます。

41_pattern_580

2016.10.17 (mon)

【今月の縞 十月(神無月)】

81_monthly-shima_key2
#81 「水紫」すいし Purple Stripes on Black

「紫という色は不思議な色で、闇にも光の中にも独特の存在感で登場します。日が暮れて暗闇の中で、工房近くに流れる水たちと共に現れ、影のように水の流れを支えているようでもあります。」 -デザイン監修・築城 則子

理由なく心惹かれてやまない、そんなものに出会うことがあります。十月の《今月の縞》#81「水紫」(すいし)も、その類の一つではないでしょうか。神秘的な紫を中心とした色の戯れは、まるで、かのモナ・リザのように、見る者、見る時によって様々な印象を与えます。

81_pattern

2016.09.17 (sat)

【今月の縞 九月(長月)】

73main
#73 「翠風」すいふう Jade Winds

「藍色のベースに合うものというと、まずは緑を思い描きます。草木染めでは、藍染めした藍色に黄色の染料を染め重ねて緑色を得ますので、兄弟のような関係です。爽やかで静かな縞構成にしてみました。」 -デザイン監修・築城 則子

夜の帳が下りるのが段々と早くなってくると、秋の到来を感じます。あんなにも喧しく鳴いていた蝉の声も、秋虫の音色に取って代わられ、当たり前に巡る季節に愛しさを覚えたりします。九月の《今月の縞》は#73「翠風」(すいふう)。清涼とした夜闇のような藍。その上に浮かび上がるのは、草むらと、葉陰で羽を震わせる秋虫、そしてその美しい音たちでしょうか。夜長月、静かにそばに佇んでくれるような、そんな気持ちにさせてくれる縞です。

73_pattern

2016.08.17 (wed)

【今月の縞 八月 (葉月)】

82main
#82 「藍輝く」あいかがやく  Bright Indigos

「ジャパンブルーとも言われる藍色。虹の色を7色と呼ぶのは日本固有で、英語圏では6色。その差が藍色です。青と藍を識別できる日本人にとって、そのグラデーションは殊更魅力的なものでしょう。」 -デザイン監修・築城 則子

「藍色」と聞いてまず私たちが思い浮かべるのは、夜空や深い海ではないでしょうか。八月の《今月の縞》#82「藍輝く」(あいかがやく)はそんなイメージを払拭する、目映く輝く藍が表現されています。細やかなグラデーションが生み出す、藍色の虹。清々しい印象の中にも、深遠な力を感じる、不思議な魅力を持つ縞と感じます。

82_pattern

2016.07.17 (sun)

【今月の縞 七月 (文月)】

71main
#71 「草草」そうそう Grasses

「草むらの中で寝っころがって、空を見ていると、草独特の香りが鼻をつきます。草いきれ、とも言います。黄緑というより草色と呼びたい色が、その香りと共に萌えの頃を体感させます。」 -デザイン監修・築城 則子

梅雨が明けると一気に照りつける夏の陽光に、ぐんぐんどこまでも伸びてゆく草々の生命力には目を見張るものがあります。七月の《今月の縞》は#71「草草」(そうそう)。湧き上がる草々の合間には、お天道様の温もりや、母なる大地の力も感じられます。見つめていると、青々とした香りに包まれて、日がな一日遊んだ夏休みを思い出される、そんな童心に返る縞ではないでしょうか。

71_pattern

2 / 212
  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。