2021.04.02 (fri)

【 今月の縞 四月(卯月)】

今月の縞#104 翠鼓
#104「翠鼓」すいこ Jade Drum

鼓(つづみ)の音を初めて聞いたのは、私の憧れの場である能舞台でした。余韻と共に弾ける感じも重なって「鼓動」とは、こういうことなのか、と思った記憶があります。緑色の濃淡に、その音のうねりを重ねてみました。-デザイン監修・築城 則子

万物が生気に満ち溢れ、明るく清らかな春本番の季節。四月の《今月の縞》は#104「翠鼓」。深い湖のような緑から光のような明るい緑へのグラデーションで表された新緑の響きは、希望の匂いを乗せ、どこまでも無限に広がっていくようです。-選と文・三井

今月の縞 4月 #104 翠鼓


小倉織 風呂敷#104翠鼓

小倉織大風呂敷商品ページ 小倉織中風呂敷商品ページ 小倉織六八風呂敷商品ページ


小倉織 バッグ類#104翠鼓

小倉織あづま袋商品ページ 小倉織テトラバッグM商品ページ 小倉織テトラバッグS商品ページ


小倉織 エプロン・テーブルウェア#104翠鼓

小倉織コースター商品ページ 小倉織テーブルランナーリバーシブル商品ページ 小倉織スクエアエプロン商品ページ


小倉織 小物類#104翠鼓

小倉織扇子セット商品ページ 小倉織がま口商品ページ 小倉織小風呂敷商品ページ


小倉織 風呂敷#104翠鼓

小倉織シンプルバッグ商品ページ 小倉織生地商品ページ
2021.03.01 (mon)

【 今月の縞 三月(弥生)】

今月の縞-3月#94「惑」
#94「惑」わく Encounter

紫という色は高貴であるが故に、孤高を保つとでも言いましょうか、組み合わせが難しい色です。砂色のようなベージュとのハーモニーから不思議な音色が生まれました。誘い、惑う、艶めいた音色です。ーデザイン監修・築城 則子

春は思わぬ出会いのある季節。三月の《今月の縞》#94「惑」に広がる景色は、火星に降り立って覗き込むクレーターか、はたまた砂漠に咲く花か。ある種の戸惑いを覚えながらも魅きつけられてやまない、不可思議な魅力を湛えています。未曾有の時代の中で、未知なるものへも好奇心を持って進んでいく人に捧げたい、そのような縞に感じます。-選と文・三井

今月の縞-3月#94「惑」

縞縞オンラインショップ#94「惑」の商品一覧はこちら

2021.02.01 (mon)

【 今月の縞 二月(如月)】

今月の縞-2月#92「深緋」
#92「深緋」しんぴ Noble Flame

「『緋』という色は、赤の世界の中でも濃く、深い赤です。英語でscarlet、スカーレットは、映画『風と共に去りぬ』のヒロインの名前として知られているように、自由で強いイメージを想起させ、活力をいただけるようです。」ーデザイン監修・築城 則子

ひっそりと咲く小さな花や木々の蕾に春の兆しを告げられる頃。二月の《今月の縞》#92「深緋」は額田王が詠んだ「あかねさす紫野行標野行き野守は見ずや君が袖振る」の句の心象風景を呼び起こさせられるような、一面の赤の世界です。無彩の色を挟みながら、繰り返し立ち現れる赤は抑えても抑えきれない恋心を見るような、そのような縞と感じます。-選と文・三井

今月の縞-2月#92「深緋」

縞縞オンラインショップ#92「深緋」の商品一覧はこちら

2021.01.24 (sun)

【 今月の縞 一月(睦月)】

今月の縞2021年1月#114白多彩2020
#114「白多彩2020」しろたさい2020 Feast of Colors on White

「白い世界にそれぞれの色が舞うような、自由で楽しい空気を醸し出せたらと、細い縞に託しました。チェリービーンズに見られる、外国のお菓子独特のパステルカラーをひとつまみ味わってほしいです。」ーデザイン監修・築城 則子

2020年、世界は大きく変わりました。そんな中、誰しもが求めたものは「安寧」ではないでしょうか。安らぎに満ちた白の世界で、それぞれの美しさを持つ色たちが、共存し、調和する様は、今の私たちの願いのようにも写る、そのような縞と感じます。-選と文・三井

201612monthly_shima_key_03

縞縞オンラインショップ#114「白多彩2020」の商品一覧はこちら

2018.06.20 (wed)

【 今月の縞 六月(水無月)】

今月の縞 六月#69「藍万筋」
#69「藍万筋」あいまんすじ Myriad of Indigo Stripes

「藍は日本の色、青と藍色を識別できる日本人です。植物を発酵させて得た藍色本来の深さ、変化に敬意を込めて、万筋、極細縞で藍の世界を表現しました。遠くからは無地に見え、近づくと極小の文様、「粋」に通じます。」-デザイン監修・築城 則子

雨の季節、見渡す限りの世界が藍に染まる夕暮れには、いつまでも窓の外を眺めていたいような、そんな気持ちになります。六月の《今月の縞》は#69「藍万筋」。時に強く、時に弱く、ただひたすらに降り続ける雨に見惚れてしまう、そのような縞と感じます。-選と文・三井

今月の縞 六月#69「藍万筋」生地イメージ

縞縞オンラインショップ#69「藍万筋」の商品一覧はこちら

2018.05.13 (sun)

【 今月の縞 五月(皐月)】

今月の縞 五月#93「光紫紅」
#93「光紫紅」こうしこう Lucent Violet and Vermilion

「紫と紅はお互いを引き立てあうように、しかも共にしっかり存在感を示します。黒の中で光を受けて輝く二つの色の濃淡に情感を込めました。」-デザイン監修・築城 則子

桜の頃には無粋に思える雨も、この頃には愛しくなる瞬間があります。野に、山に、咲き乱れる花々は、雨景色のキャンバスで発光するかのように一層際立ち、ひととき私たちを異世界へと誘います。五月の《今月の縞》は#93「光紫紅」はそんな幻想的な色彩を思い起こさせる縞ではないでしょうか。-選と文・三井

今月の縞 五月#93「光紫紅」生地イメージ

今月の縞 五月#93「光紫紅」展開商品

縞縞オンラインショップ#93の商品一覧はこちら

2018.02.28 (wed)

【 今月の縞 三月(弥生)】

今月の縞 三月(弥生)#67「うす紅2015」
#67「うす紅2015」Scent of Pink 2015

「紅という文字はなんと愛らしいのでしょう。懐かしく、くすぐられるような柔らかな気持ちを誘います。グレイの濃淡に、くっきりした紅色と、少しダークな赤みが素敵なハーモニーを奏でます。」-デザイン監修・築城 則子

見つめるだけで時は過ぎ、最後まで学生服の群れの中に想い人を探した卒業式。そんな方もいるのではないでしょうか。三月の《今月の縞》は#67「うす紅2015」。生まれたまま陽や土と戯れて来た少女の頬が、赤く染まってゆくのを見るような、健気な可愛らしさについつい微笑んでしまう、そのような縞と感じます。-選と文・三井

今月の縞 三月(弥生)#67「うす紅2015」生地イメージ

今月の縞 三月(弥生)#67「うす紅2015」商品

縞縞オンラインショップ#67の商品一覧はこちら

2018.01.30 (tue)

【 今月の縞 二月(如月)】

今月の縞 二月(如月)#56「緋橙」
#56「緋橙」Scarlet and Orange

「緋色は紫に次ぐ高貴な色として平安時代から珍重されました。また英語名スカーレットは「風と共に去りぬ」のイメージからか、強さ、存在感を感じさせます。橙色と相まって魅力が深まります。」-デザイン監修・築城 則子

春は名のみの寒さ厳しい季節。誰もが焦がれるのは、暖かな火の灯る我が家ではないでしょうか。二月の《今月の縞》は#56「緋橙」。漆黒の合間に移ろう緋から橙へのグラデーションは、美しい火のようでもあり、誰かを待つ家々の灯のようにも見える、そんな心惹きつけられる縞に感じます。-選と文・三井

今月の縞 二月(如月)#56「緋橙」

#56「緋橙」商品

縞縞オンラインショップ#56の商品一覧はこちら

1 / 3123
  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。