2020.10.27 (tue)

【 無限の縞と信じる未来へ。SDGs×小倉織 】

SDGs×小倉織の商品をついに明日、直営店および企画展「小倉織2020」にてお披露目致します。

「誰一人取り残さない」SDGsは、誰にとっても自分事の取り組みであり、まちづくりにおいて も、企業にとっても、未来を紡いでいくために必要不可欠かつ大事なことです。

徳川家康が鷹狩りの羽織として愛用したことで知られ、明治時代は学生服生地として人気を博し た小倉織は、丈夫で、使い込むとなめし革のような滑らかさが生まれ、長く使い続けられる織物です。400年続いた歴史と伝統技術を有する小倉織は、それ自体がSDGs17ゴールの「12: つくる責任つかう責任:持続可能な方法で生産し、消費する取り組みを進めていこう」に合致す る織物であると、私たちは考えています。

あわせて、「世界に通じるテキスタイルの創出」を目指している私どもは、このまちの伝統技術を受け継ぐ身として、「わがまち北九州発」ということに強い想いを持っています。
SDGs展開においても、自社としての展開にとどまらず、小倉織の特徴を生かして、「北九州発 のSDGsを世に発信する」ことに挑戦したい、そのことを通じて、九州、そして日本全体での SDGsを今まで以上に盛り上げるお役に立ちたいと強く思っています。

しかし、そのような取り組みは、私どもだけでできるものではありません。 地元企業や団体とタッグを組み、行政にもお力添えいただいて、共にSDGs展開やその発信を 行っていきたいと心より願っております。
地球と、全ての生命の未来のために、SDGsを共に推進していけますと幸いです。

ぜひ以下の特設ページをご覧いただき、イベント、直営店にて、この未来へ向けた取り組みにご参加くださいませ。

SDGs×小倉織特設ページ
http://shima-shima.jp/kokuraori-sdgs/

無限の縞と信じる未来へ。SDGs×小倉織

  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。