2013.03.08 (fri)

針供養

2013年3月8日

2月8日は、福岡の針供養でした。
1年間使って、折れた針を納針するお祭りです。
「針の碑」の前にお供えものをして、お豆腐に針を刺して祭祀を行います。
針を使ってお仕事をする「針子さん」が、道具に感謝する心は素晴らしいですね。

実は、イタリアの郵便事情の問題で、せっかく郵送した針等が針供養に間に合いませんでした!
イタリアには、この様な行事がないので、受刑者の皆様は、年に一度の日本の針供養を
非常に楽しみにして、折れた針、曲がった針、歪んだ金属ボビンや使い過ぎで先端が折れた
シームリッパー等を集めていました。

実物の針供養はできませんでしたが、粉雪の中、渡辺社長とスタッフの吉田さんが
小倉クリエーションの針と、万が一のため用意したイタリアの針の写真を
北九州の淡島神社へ持っていってくださいました。
おかげさまで、2月8日は予定通り、針供養に参加できました。

ありがとうございます!

Giovanna & Kyoko
Milano, March 2013

With special thanks to:
The Society of San Vincenzo De Paoli
Dr. Davide Pisapia, Director of Casa Circondariale di Vigevano

3_3
4_3
1_2
DSCN2709_2

  • Archive
online shop

インターネットでもご購入頂けます。