蘇った小倉織

「小倉織」は、江戸時代初期から
豊前小倉藩(福岡県北九州市)で袴や帯などとして織られ、
多用した経糸が色のリズムを生む、立体感あふれるたて縞が特徴です。

かの徳川家康も愛用した、丈夫でしなやかな質感の木綿布は
日本全国で珍重されていました。

明治時代には、文明開化の波のなか
男子学生服として霜降りの小倉織が、新たに全国に拡がりました。
しかし残念なことに、戦時下の昭和初期に一旦途絶えてしまいます。

それから数十年後、
染織家 築城則子氏が、偶然に出会った小さな布の断片から
二年近くの試行錯誤を繰り返し、一九八四年に復元され、
現代の布として再生しました。


写真は、機械織により実現した広巾の小倉織

縞縞とは

伝統ある小倉織の特徴を継承し、つくり出した広巾の布。
丈夫で美しいたて縞を活かしながら、
新しい時代の「小倉織」として誕生したブランドが
「縞縞 SHIMA-SHIMA」です。

テキスタイルデザイナーは、小倉織を復元した築城則子氏。

手織りにない広巾の可能性にも取り組み、追求するなかで
新たな世界の扉が開きました。

築城則子からの手紙
縞縞の今
会社概要